更新:2017-11-28
更新:2017-11-28

交通事故に詳しい弁護士が相談をお受けします。

◎弁護士には相談しづらい・・・ 
◎小さな事故なのですが・・・
◎費用が心配ですが・・・


面接相談(無料 要相談)
092-741-3208

 までご連絡ください。


電話相談(無料)
092-741-2270


 面接相談
(無料 要相談)
092-741-3208

までご連絡ください。


 電話相談
(無料)
092-741-2270

注:電話相談はお一人10分程度でお願いしており、詳しいお話を伺うことができませんので、面接相談をおすすめ致します。

交通事故にあったら・・・


交通事故にあってしまったとき、 多くの場合、加害者側は保険会社の社員が交渉担当者として出てきます。

 
治療中であっても、「そろそろ治療を打ち切ってください」と言われて、とまどわれる被害者の方も多いでしょう。
 
治療が終わったり、後遺症の認定が出たりすると、「損害賠償金のご案内」や「免責証書」が送られてきて、示談を求められます。
 
大部分の被害者の方が、特に疑問をもたずに、あるいは、十分納得できないものの、仕方がないと諦めて、保険会社側の求めに応じておられるのが現実です。

多くの方が本来受け取られるはずの補償を受けていません。


ところが、保険会社が提案してくる支払額は、裁判所等の基準に基づいた損害額より低額です。
 
もちろん,弁護士よって交渉したり裁判したりして、本来支払われるべき額を受け取るか、そのような手段をとらずに、保険会社の提案に応じて示談するかは、被害者の方が判断されるべきことです。
 
しかし、その判断の前提として、「保険会社の損害賠償基準が,裁判所や弁護士の基準よりかなり低いということを知っていただきたいのです。
 
私達の経験では、多くの被害者の方が、そのような事実を知らないまま示談をして、本来受け取るべき正当な補償を受け取る機会を失っておられます。

 

 保険会社の基準と裁判所・弁護士の基準との違いの一例として、保険会社の提案から訴訟に移行した事案を紹介します。
 
(金額の比較は差の大きい項目のみ。千円以下切捨て)
 

38歳男性 後遺障害14級(後遺障害としてはもっとも低い等級)

  保険会社の提案額
 
判決で認定された額
通院期間の慰謝料
 64万円

120万円
後遺障害による
逸失利益
54万円 88万円
後遺障害慰謝料
40万円
 110万円
既払額を除く
支払額合計
158万円 
 322万円※


 
※上記以外にも、弁護士費用として32万円、遅延損害金(事故日から年5%)として40万円が認められました(計394万円)。
 
※このほか、実際に私達が担当した解決事案のごく一部を「解決事例」のページで紹介しています。

交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。


福岡県弁護士会と(公財)日弁連交通事故相談センター福岡県支部では、上記のような交通事故賠償の実態を変えるべく、交通事故サポートセンターを立上げ、相談事業を行っています。
 
相談を担当する弁護士は、交通事故事件の知識・経験を積んでおり、専門の研修を受けています。安心してご相談ください。
 
保険会社との交渉や裁判を弁護士に頼むかどうかは、電話相談や面接相談(いずれも無料です)の後でお決めください。

相談方法と相談の流れ

相談方法には面接相談(要予約)電話相談があります。いずれも無料です。ただし、電話相談はお一人10分程度でお願いしており、詳しいお話を伺うことができません。的確なアドバイスのためには、できれば資料等を確認して、事故状況や問題となっていること等について、詳しいお話を伺うことが必要ですので、面接相談をおすすめ致します。
まずは、下記の電話番号にご連絡下さい。

面接相談(無料 要予約)
092-741-3208までご連絡の上、相談日時をご予約下さい。
相談日時(※福岡相談所の場合)
毎週月~金 午前10時~午後12時30分
(※なお、相談所一覧、及び、他の相談所の相談日時はこちら)

 

電話相談(無料)
092-741-2270までご連絡下さい。
相談時間
毎週月・火 午後1時~午後3時30分
毎週水~金 午後1時~午後4時

 
上記のとおり、電話相談では詳しいお話を伺えず、電話相談担当の弁護士はご相談者より依頼を受ける、受けないの判断ができかねるため、電話相談担当の弁護士がご相談後に事件のご依頼を受けることはできないこととなっております。ご相談後に継続して事件のご依頼を希望される方は、くわしくご相談をお伺いすることができる面接相談をおすすめ致します。
 
受任した場合の費用についても弁護士がご説明しますが、不明な点はご遠慮なくお尋ねください。
なお、保険の仕組み弁護士費用については、それぞれのページをご覧ください。
 
交通事故にあってしまった方、泣き寝入りをしないために、是非ご相談ください。
 
交通事故によって相手に怪我をさせてしまったけれど、保険に入っていないなど、加害者側の方からの相談も受け付けています。

相談所一覧


福岡相談所

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通5-14-12 南天神ビル2階 天神弁護士センター内
面接相談予約受付 092-741-3208 
相談日時 毎週月~金 10:00~12:30

 

二日市相談所 

〒818-0056 筑紫野市二日市北1-3-8 スパシオコモドビル2階 二日市法律相談センター内
面接相談予約受付 092-918-8120
相談日時 毎月第1・2・3・4水 13:00~15:30 

 

久留米相談所 

〒830-0021 久留米市篠山町11-5 久留米法律相談センター内
面接相談予約受付 0942-30-0144
相談日時 毎週水 10:00~12:30 13:30~16:00 

 

飯塚相談所 

〒820-0004 飯塚市新立岩6-16 弁護士ビル3階
面接相談予約受付 0948-28-7555
相談時間 毎月第2・3・4火・金 13:00~15:30 

 

北九州相談所 

〒803-0816 北九州市小倉北区金田1-4-2 北九州法律相談センター内
面接相談予約受付 093-561-0360
相談日時 毎週月水金 9:30~12:00 

 

魚町相談所

〒802-0006 北九州市小倉北区魚町1-4-21 魚町センタービル5階 
魚町法律相談センター内
面接相談予約受付 093-551-0026
相談日時 毎週木 13:30~16:00 

 

折尾相談所 

〒807-0834 北九州市八幡西区折尾4-6-16 折尾YSビル2階 
折尾法律相談センター内
面接相談予約受付 093-691-2166
相談日時 毎週火 13:30~16:00 

 

おしらせ


平成24年4月1日から施行された「福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例」では,事業者(県内で事業を営む個人又は法人その他の団体)及び飲食店営業者(酒類を提供して飲食させる営業を行う者)は飲酒運転の撲滅を宣言し,その対策に取り組むよう努めることとされています。ご協力いただける事業者や飲食店営業者の方は下記のHPをご覧ください。
 
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/insyuuntenbokumetu-torikumi.html

(公財)日弁連交通事故相談センター 福岡県支部